政府は都市、洲、国家の中心地であり権力集中ところです。役人、公務員の安全保障を考慮すべきです。特にアメリカは誰でも拳銃を携帯できますので、完全なセキュリティシステムで安全を確保しなければなりません。監視カメラの設置により、不慮事故や犯罪を検出し、現場警備スタッフに情報を提供します。当社の機器ソリューションは、都市、企業、または政府機関が通年365日、業務合理化且つ安全に運用できます。

政府機関画像監視ニーズ

  • 潜在脅威と不審行動をマークして関係者に警報を発信します。最前線のスタッフは情報を受けたら即時に対応でき、危険状況を回避します。
  • 動画アーカイブ:大容量の保存スペースは後日に警備員が保存した動画を確認できます。また、法執行機関に犯罪容疑者を特定する有効な情報を提供します。

政府機関は画像監視導入メリット

  • 監視システムは、事件や現場での活動を記録することで、教職員や政府職員を犯罪の脅威から守られます。 疑わしい活動をマークして、警備部署に調査すよう通知します。
  • 監視システムは拳銃や武器を検知でき、射撃やテロ攻撃を防止できます。
  • 政府機関の立ち入り禁止エリアでは監視システムの侵入検知と顔認識の機能により、立ち入り禁止エリアに侵入しましたら、すぐに検出され、アラートが鳴ります。

Ironyunの AIソリューションの優位性

  • セットアップはとても簡単です。AIソリューションの調整がいりません。セットアップ完成後、すぐに使えます。自社運用システム、プライベートクラウド、ビッグデータ画像のソリューションです。
  • ONVIF IPカメラ及びDVR/NVRを支援しています。高価な内蔵分析システムのカメラを購入することが必要ありません。
  • オンプレミス且つプライベートクラウドのアーキテクチャは非常に安全です。
  • 画像検索(オブジェクト検索と検出)、フェイスサーチと顔認識、および周囲の保護とアラートを含む複数の分析機能を備えた統合ソリューション
  • インターネット、ノートパソコン、デスクトップ、スマートフォン、またはタブレットを介して現在のセキュリティ状態を監視・確認できます。
  • 柔軟にプライベートクラウドを使用する動画監視ネットワークは時代進化にしても簡単に排除することがありません。当社は顧客のニーズ規模に合わせ、基本台数(50台)カメラを増やしたり減らしたり安全なネットワークを構築できます。