小売業界のニーズ

リテールビデオ分析では、CCTVを使用して、店舗で行われているすべての行動のライブイメージを記録します。店舗の経営に これらのビデオは、店舗収益性、業務効率化、を改善する重要な情報です。 これらすべての情報は、最終的に店舗で買い物をしている顧客のショッピング状態を反映します。

小売ビデオ分析の特長

  • ご来店の顧客カウント: ゲート、ドアを通ったり、POS端末で待っている顧客の数
  • 滞留時間統計: さまざまな店舗エリアで顧客が費やした時間を記録します。 マーケティングA / Bテスト用の統計。
  • 迷惑な時間の統計情報: 店舗のセキュリティや顧客を保護するために懸念されるエリアで徘徊する人々を検出して警告する
  • 顧客集中マップ: 時間、日、週、月による店舗内の混む時間の表示
  • 顧客統計:店舗に滞在した性別、年齢、および時間帯の顧客統計
  • キュー管理:並ぶ顧客の列が長すぎる場合への対応、POS端末を増やす判断ためのストア管理
  • 煙と火災の検出: 煙や火災が発生した場合のビデオ画像による検出と警告。
  • 侵入検知: 盗難や品物数減少を防ぐために、品物を入庫する人や、ストア裏口や、従業員がしか入れないエリアのみを検出します。
  • カメラの改ざんと健康管理: カメラの改ざん、信号ロス、焦点のずれ、位置の変化を検出します。日別、週別、月別ステータスのレポートを作成します。

IronYunスマートな小売ソリューションのメリット

  • 使いやすく、シンプルな構成でセットアップが簡単です。数時間で オンプレミス、プライベートクラウド、およびビッグデータを統合したソリューションをデプロイできます。
    従来のすべてのアナログ、IPカメラ、DVR / NVRを対応できるインフラストラクチャです。
  • オールインワン、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのビデオ監視システムです。
  • フレキシブルでプライベートクラウドベースのシステムにより、ビデオ監視ネットワークを将来的に証明することができます。 IronYunは、顧客のビジネスニーズ合わせて、 50台以下のカメラで開始し、必要に応じてカメラを追加して、セキュリティネットワークを拡大することができます。
  • IronYunは、インフラストラクチャとビジネスニーズと共に成長します。
  • クライアントは50台以下のカメラから始め、ニーズに応じてカメラを追加してセキュリティネットワークを拡大することができます
  • DVR / NVRを維持するにはレガシーコストが必要ありません
  • IronYun City Eyes CVR(Cloud Video Recorders)アプライアンスは、高度なNVRおよび多層ストレージ機能を統合して提供します
  • クラウドコンピューティングとビッグデータビデオ検索とビデオマイニング機能がシステムに組み込まれています
  • この高度な機能には、50種類以上の様々なクラウド対応IVA(Intelligent Video Analytics)があり、シンプルで使いやすい
  • Web、ラップトップ、デスクトップコンピュータ、スマートフォン、またはタブレットからセキュリティの状態を監視または確認します。
  • IronYun City Eyesソリューションは、集中管理されたセキュリティセンターを保安担当者に提供します。
  • オンプレミスおよびプライベートクラウドベースのアーキテクチャは安全です。