プライベートクラウド&ビッグデータビデオ管理プラットフォーム

CityEyesプライベート(またはハイブリッド)クラウドビデオ監視システムは「一体型」の次世代クラウド・コンピューティングとビッグデータソリューションです。 CityEyesは、安全なプライベート監視インフラストラクチャーを築くのに必要なハードウェアとソフトウェアコンポーネントを一元管理します。 CityEyesアプライアンスとクラウドビデオレコーダーは、通常データセンターまたはセキュリティコマンドセンターに配置され、柔軟なビデオ監視サービス(VSaaS)を提供します。 このシステムは安全性が高くて管理がしやすく、また現在デプロイされているシステムよりも低コストです。システムは、効率的で完全仮想化されたIaaS(Infrastructure-as-a-Service)、PaaS (Platform-as-a-Service)、SaaS (Software-as-a-Service)といった、数分でできる迅速なデプロイメントのために事前設定されたクラウドソフトウェアモジュールを使用しています。

オールインワン アプライアンス

IronYun CityEyes Applianceは、クラウドコンピューティングとビッグデータビデオ監視アプリケーションに最適化された、業界初のクラウドベースのエンタープライズビデオ監視アプライアンスです。 可用性を再定義し、CCTVインフラストラクチャを簡素化します。 構成が簡単で、導入が簡単なオールインワンのクラウドベースのハードウェアとソフトウェアアーキテクチャは、将来のビデオ監視インフラストラクチャの検証に最適なプラットフォームです。

操作システム

IronYun VOSプライベートクラウド仮想化プラットフォームは、ユーザーのため、自信を持ってアプリケーションを仮想化できるようにします。 PaaS(Platform-as-a-Service)フレームワークは、サードパーティ製品への容易で高速かつ柔軟な拡張のためのAPIを備えたオープンプラットフォームです。 これにより、データセンターコストを削減し、システムとアプリケーションの稼働時間を増加させ、アプリケーションや分析エンジンをクラウドで実行する方法を大幅に簡素化できます。

総保有コスト削減(TCO)
  • クラウド仮想サーバ: 高効率性 – サーバ数のコスト削減
  • インテリジェントビデオフィルタ: インターネット帯域幅の節約 – ビデオメタデータのみを送信
  • マルチティアストレージアーキテクチャ: 総保有コストの最小化。レガシーDVR / NVR HDDまたはNAS、SANベースのストレージシステムと比較する
  • 仮想インテリジェントビデオ分析:高価なインテリジェントビデオ分析エンジンの共有
  • クラウド解析アプライアンス(CAA:Cloud Analytic Appliance) : クラウド解析アプライアンス(CAA)は、CityEyesシステムで幅広いビデオ解析を可能にします。 PaaSによるリソースプールによって、CAAはお客様が欲しい場所でほしい時に解析エンジンを提供します。 従来のシステムは、貴重なハードウェアリソースを無駄に消耗している専用のサーバを使用しています。
  • クラウドビデオレコーダー(CVR:Cloud Video Recorder ) :  従来のコストのかかるDVRsやNVRsと異なり、クラウドビデオレコーダー(CVR)は、長期保管用に、アナログまたはデジタルのONVIF IPカメラビデオを録画できるように設計された多層、高信頼性クラウドデバイスです。内蔵ストレージ容量は、12の6TBエンタープライズグレードのハードドライブ、計72TBのストレージ容量に設定することが可能です。 さらに大きな容量が必要な場合には、外部のスパニング(JBOD:Just a Bunch of Disks)またはディスクストレージシステムに接続することにより、1つのCVRのストレージ容量が360のハードドライブまで拡張できます(使用可能な容量が2.1PBです!)
  • CityEyesアプライアンスには2つのシリーズがあります: CityEyesシステムは2つの異なる製品で利用できます。 CEA-100シリーズは、中小企業向けに推奨されています。 CEA-100は、2つのCVRを備えた最大128のIPカメラをサポートします。 CEA-500シリーズは、監視する領域が広いクライアントや、256台以上のIPカメラが必要な場合にお勧めします。 CEA-500は、4つのCVRを備えたIPカメラを最大1,000台までサポートします。 大規模な展開の場合、最大50,000台以上のカメラを管理するクラスタとして動作するように、複数のCACを設定できます。
  • 仮想マシンでのパフォーマンスの最適化: ソフトウェアビデオ分析エンジン間でハードウェアリソースを共有するための強力なクラウドコンピューティング仮想マシンを支援します。 インテリジェントビデオ分析(IVA)エンジンの導入コストを削減します。
  • NVR不要: イーサネットネットワークスイッチにIPカメラを直接接続します。 インフラストラクチャのコストとメンテナンスコストを節約できます。 ビデオストレージはCVRアプライアンスによって提供されます。
  • マルチティアクラウドストレージアーキテクチャ: 多層高性能ビデオストレージアーキテクチャをサポートします。 ファーストティアストレージシステムには、機密性の高いビデオファイルの信頼性の高いエンタープライズグレードRAID(0,1,5,6)ストレージシステム保護が含まれています。 大容量で長期間のビデオストレージニーズに対しては、CEAを拡張して、ペタバイトの長期ビデオストレージで構成される第2層テープストレージアーキテクチャを含めることができます。
  • ビッグデータIVA対応: インテリジェントで洗練されたIVA(Intelligent Video Analytics)エンジンをサポートします。 すべてのIVAをCACアプライアンス上で実行することで、ソフトウェアのライセンスコストを節約でき、管理もしやすいです。
  • 実績のあるIVAアプリケーションのサポート: IronYunはお客様のニーズを満たすために、LPR / ANPR、顔検出、顔認識、バーチャルフェンス、オブジェクトと人数カウント、ビデオ集約、カメラヘルスモニタリング、車両ルート&パス解析などを含むIVAエンジンの特許使用権を特許を集めました。
  • 集中管理されたVMS / CMS: CAC対応のプライベートクラウドでVMSを実行することにより、最大限の柔軟性と効率性をユーザーに提供します。 CAC VMSソフトウェアは、非常に大規模なビデオカメラネットワークの効率的な管理を可能にします。 CAC VMSは、分散型および複数サイトのビデオネットワークを管理できます。
  • データ冗長性とバックアップ: CVRアプライアンスは、最大限のハードディスクドライブ障害保護のために、エンタープライズグレードのRAID 0,1,5,6で構築されています。 CVRは、データの冗長性、ミラーリング、リモートバックアップ、障害復旧(DR)を統合できます。
  • スタック可能とスケーラビリティ: IronYun CityEyesアプライアンスはスケーラビリティを念頭に置いて構築されています。 基本タイプの100シリーズを64台未満のカメラで始め、500シリーズは1万台またはこれ以上のカメラをサポートできます。
  • アプリケーションパフォーマンス管理: IronYun CityEyesアプライアンスには、強力で使いやすいAPM管理ソフトウェアが付属しています。 APMはアプライアンスとハードウェアのパフォーマンスと可用性を監視します。 管理者がSLA(Service Level Agreement)を維持するためには、自動アラート機能とロギングレポート機能が付いています。