なぜプライベートクラウドなのでしょうか? 

クラウド・コンピューティングは、インターネットの発展において次の段階に達しており、-コンピューティング・パワーからコンピューティング・インフラストラクチャー、アプリケーション、パーソナルコラボレーションへのビジネスプロセスまで - 全てを必要な時にいつでもどこでもサービスとしてお客様へ提供できる手段を備えています。 「クラウド・コンピューティング」という言葉は、従量課金制の価格設定モデルでインターネット経由でITリソースのオンデマンド配信に言及しています。

プライベートクラウドとは何ですか?

プライベートクラウドは、1人の顧客専用のクラウドインフラストラクチャです。 プライベートクラウドは、お客様自身のデータセンターまたはコンピュータルームに設置できますが、サービスプロバイダーのデータセンターでホストすることもできます。 プライベートクラウドは、顧客、ホスティングプロバイダ、またはサードパーティによって管理されます。 しかし、顧客は常にソリューションのすべてのコストを負担します。

ビデオ監視業界にとって、大部分の顧客は機密保護されたセキュリティ監視ビデオをパブリッククラウドに送信するのを嫌うため、プライベートクラウドが好ましいアーキテクチャです。

ビデオ監視アプリケーションの第2の重要な考慮事項は、大容量の高精細ビデオファイルを送信するために必要なインターネット帯域幅です。 多くの物理的な施設では、帯域幅が不十分であるか、パブリッククラウドを利用するにはコストがかかりすぎます。

ビジネス向けクラウド・コンピューティングの利点トップ10:

コスト削減:

クラウド・コンピューティングは会社のハードウェア、ソフトウェア、ネットワーキング、そして全体のITコストを抑えます。 さらに、クラウド・コンピューティングは一般的に従量課金価格設定を採用します。

スケーラビリティ(拡張性)

高価なハードウェアまたはソフトウェアプログラムを購入するのに比べて、ビジネスがITインフラストラクチャーのニーズを常に広げる(または縮小する)ことができます。

手間かからないメンテナンス

将来のハードウェアまたはソフトウェアのオペレーティングシステムの修理やアップグレードへの支払いをIT社員は心配するは必要ありません。

柔軟性

お客様のITインフラストラクチャーキャパシティのニーズを推測し消去します。 CPUまたはストレージスペースのキャパシティがない場合には、オンデマンドで簡単に拡大(または縮小する)ことができます。

アプリケーションデプロイメントの速さ

従来のITインフラストラクチャーでは、サーバーを購入、納品、そして起動させるのに数週間かかります。

被害から回覆措置 

お客様の会社のデータは、サーバー室(または保管庫)ではなく、安全なデータセンターに保管します。 ハリケーン、地震、または建設作業員が電源供給ラインを切ってしまい停電しても、まったく影響はありません。 お客様のデータは安全で、かつインターネットが接続している限りアクセスが可能です。 

実装の容易性

IronYunのクラウド・コンピューティングの実装は容易で迅速です。 5分で実装が完了します。

スキルがありサービス経験が豊富なプロバイダー

お客様のデータを誰に管理と保護を任せたいと思いますか? 経験豊富なベテランのIronYunの専任サポートスタッフですか、または知らない外部のベンダーですか?

性能

クラウド・コンピューティングは、典型的な小規模の会社のスタンダードサーバー、ストレージシステムやネットワーキングハードウェアよりも、クラウドで様々なケースを短時間で処理できます。

OpsではなくApps:

ITインフラストラクチャーではなく、お客様のビジネスを差別化する目的に焦点を当てます。